2009年09月30日

ハロウィンの始まりは・・ケルト人

ハロウィンの始まりは・・ケルト人



ケルト人の収穫感謝祭が、

カトリックに取り入れられたものとされているそうですが、

そもそもケルト人とは?



ケルト人(ケルトじん、Celt, Kelt)は、

中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を

持ってヨーロッパに渡来した、

インド・ヨーロッパ語族ケルト語派の民族。



古代ローマ人からはガリア人とも呼ばれていました。


「ケルト人」と「ガリア人」は必ずしも同義ではなく、

ガリア地域に居住してガリア語、

またはゴール語を話した人々のみが、

「ガリア人」なのだとも考えられているそうです。


ブリテン諸島のアイルランド、

スコットランド、ウェールズ、コーンウォル、

コーンウォルから移住した

ブルターニュのブルトン人などに、

その民族と言語が現存しているそうです。



現在のケルトという言葉は

言語・文化の区分を示すための、

近現代になってから作られた用語で、

「ケルト人」として一体的な民族意識を持っていたとは考えられていない。

そのため歴史学などでは「ケルト人(Celts)」という言葉は使わず、

「ケルト系(Celtic)」という言葉を便宜的に使っているそうです。


普段はケルト人というのが一般的だとは思うのですが、

こんな歴史があったのですね。

ハロウィンに歴史あり!ですね。


posted by ドラドラ at 21:46| ハロウィン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

Exifってなんだろう?

Exifってなんだろう?



Geotag(ジオタグ)の話題に出てきたExif。

これっていったいなんなんでしょう?

っていう人も多いんでしょうね。



Exchangeable image file formatは、

富士フイルムが開発、

当時の日本電子工業振興協会 (JEIDA)で

規格された画像メタデータのフォーマットなんです。

デジタルカメラの画像用に使われます。

略称はExif(イグジフもしくはエグジフ)。



カメラでの撮影時の条件情報を画像に埋め込み、

ビューワやフォトレタッチソフト等で応用する事ができます。

Exif2.2ではExif Printという規格を組み込んでいて、

条件情報を元に自動的に最適化を行い、

的確な状態でプリント出力を可能にしているんです。


対応画像形式はJPEG、TIFF、HD Photo。



そして、記録されるメタデータというと・・

撮影日時

撮影機器メーカー名

撮影機器モデル名

画像全体の解像度

水平・垂直方向の単位あたり解像度

撮影方向

シャッタースピード

絞り(F値)

ISO感度

測光モード

フラッシュの有無

露光補正ステップ値

焦点距離

色空間(カラースペース)



こんなにもの情報が、

普段何気なく見ている写真には入っているかもしれないのですね。

まぁこのくらいのデータならば、

悪用はできないとは思いますが・・

posted by ドラドラ at 23:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhoneで撮影した写真は注意です!

iPhoneで撮影した写真は注意です!



iPhoneで撮影した写真、

皆さんはどこに掲載していますか?
 
特に多いのはブログに掲載という方でしょうね。

でも、ちょっと注意が必要になってます。


iPhoneで撮影した写真には

Geotag(ジオタグ)と呼ばれている

写真を撮影した位置情報も組み込まれているんです。

なんと、緯度と経度が記録されています。

その緯度と経度を調べれば、

写真を撮影した場所がバレてしまうんです。

自宅で写真を撮ったりしたら・・


Geotag情報は、簡単に誰でも知ることができます。

Geotag解析ツールで調べれば、

緯度や経度だけでなく、

地図でどこで撮った写真なのかすぐにわかってしますんです。

「My iPhone.jp」で紹介されいますが、

「Exif Viewer」がいまのところ便利な解析ツールでしょうね。

このツールは、

どこで撮られた写真なのか

Geotag情報をもとに地図で表示さてくれるわけですね。


では、どうすればいいのか?

iPhone で撮った写真をブログに載せていたという人は、

いまから画像を消すなりする必要がありますね。

しかし、Geotag情報の経度と緯度は、

iPhoneの位置情報サービスをオフにすることで画像に記録されません。

つまり、位置情報サービスをオフにして撮影していた人たちは

この件に関しては問題ないですね。


iPhoneで撮影した写真に Geotag情報を付けたくない場合、

今すぐに位置情報サービスをオフにしましょう。

もしくは、

Geotag情報を含めたExif情報(写真に付けられたあらゆる情報)を

削除できるツールなどで一度写真の情報を消してから、

ブログにアップロードすると良いですね。


削除できるツールはいろいろありますので、

1つぐらいもっているといいかもしれませんね。

「JPEG Cleaner」とかも使えるのかな?

posted by ドラドラ at 23:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。